CSWB

チャーハンスイーツライティングブログ

音の無い世界

一瞬だけ、ワタシの世界から音が消滅した。

カリカリが減ってないのを確認して、食べさせようと専用クーラーの前で机に突っ伏して寝る学生のような体勢のネコを起こしにいく。

イキナリもちあげて起こすのも気がひけるので、まずは眉間あたりをなでる。リアクションが薄いの手をさわる。それでも思ったようなリアクションが得られないので、手を持ち上げて上半身を開かせる。

ん?

こんだけいじくり倒してるのに、カラダに力が入らない。も、もしかして死にかけてる?!そう思った瞬間、ワタシの世界から音が消えた。頭の中は「わわわわわわわわわわわ」と「わ」でいっぱいになった。

自分でもなんでそうしたのかわからないけど、閉じた目をおもくそあけた。するとネコのカラダに力がはいり、あくびをした。

死ぬかと思った(ワタシが)。